研究成果を学会誌や業界紙に投稿して、広く社会に公表しています。

2022年

  • Factors affecting rheological properties of barley flour-derived batter and dough examined from particle properties

    投稿誌:
    Food Hydrocolloids Volume 129, 2022, 107645
    発表・発刊年月:
    2022年03月
    投稿者:
    Asuka Taniguchi(Tokyo Kasei University), Makoto Miura(Iwate University), Tatsuya M. Ikeda(National Agriculture and Food Research Organization), Shingo Kaneko(Hakubaku), Rie Kobayashi(Tokyo Kasei University)
  • Classification of the occurrence of dyslipidemia based on gut bacteria related to barley intake

    投稿誌:
    Front. Nutr. Vol.9 Article812469
    発表・発刊年月:
    2022年03月
    投稿者:
    Satoko Maruyama(1. Hakubaku), Tsubasa Matsuoka(1), Koji Hosomi(2. National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition), Jonguk Park(2), Mao Nishimura(1), Haruka Murakami(2), Kana Konishi(2), Motohiko Miyachi(2), Hitoshi Kawashima(2), Kenji Mizuguchi(2), Toshiki Kobayashi(1), Tadao Ooka(3. Yamanashi University), Zentaro Yamagata(3), and Jun Kunisawa(2)
  • Relationships between barley consumption and gut microbiome characteristics in a healthy Japanese population: a cross-sectional study

    投稿誌:
    BMC nutrition 2022, 8(1), 23
    発表・発刊年月:
    2022年03月
    投稿者:
    Tsubasa Matsuoka(1. Hakubaku), Koji Hosomi(2. National Institutes of Biomedical Innovation, Health and Nutrition), Jonguk Park(2), Yuka Goto(1), Mao Nishimura(1), Satoko Maruyama(1), Haruka Murakami(2), Kana Konishi(2), Motohiko Miyachi(2), Hitoshi Kawashima(2), Kenji Mizuguchi(2), Toshiki Kobayashi(1), Hiroshi Yokomichi(3. Yamanashi University), Jun Kunisawa(2), and Zentaro Yamagata(3)

2021年

  • Effects of barley intake on glycemic control in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus undergoing antidiabetic therapy:a prospective study

    投稿誌:
    Diabetology International Published:20
    発表・発刊年月:
    2021年10月
    投稿者:
    Takeshi Osonoi(Naka Kinen Clinic),Tsubasa Matsuoka(Hakubaku),Kensuke Ofuchi(Naka Kinen Clinic),Makoto Katoh(Naka Kinen Clinic),Toshiki Kobayashi(Hakubaku),Kazuki Mochizuki(Yamanashi University)
  • Ingestion of High β-Glucan Barley Flour Enhances the Intestinal Immune System of Diet-Induced Obese Mice by Prebiotic Effects

    投稿誌:
    Nutrients Vol.13 No.3
    発表・発刊年月:
    2021年03月
    投稿者:
    Kento Mio(Hakubaku,Otsuma Women's University), Nami Otake(Otsuma Women's University),Satoko Nakashima(Hakubaku),Tsubasa Matsuoka(Hakubaku),Seiichiro Aoe(Otsuma Women's University)

2020年

  • 大麦・β-グルカンによる腸内環境を介した耐糖能および認知機能への影響

    投稿誌:
    Medical Science Digest 2020年12月号
    発表・発刊年月:
    2020年12月
    投稿者:
    松岡翼
  • Effects of Beta-glucan Rich Barley Flour on Glucose and Lipid Metabolism in the Ileum, Liver, and Adipose Tissues of High-Fat Diet Induced-Obesity Model Male Mice Analyzed by DNA Microarray

    投稿誌:
    Nutrients Vol.12 No.11
    発表・発刊年月:
    2020年11月
    投稿者:
    Kento Mio(Hakubaku,Otsuma Women's University),Chiemi Yamanaka(Otsuma Women's University),Tsubasa Matsuoka(Hakubaku),Toshiki Kobayashi(Hakubaku),Seiichiro Aoe(Otsuma Women's University)
  • 大麦β-グルカンの機能性と機能性表示食品

    投稿誌:
    月刊アグリバイオ 2020年4月
    発表・発刊年月:
    2020年04月
    投稿者:
    小林敏樹

2019年

  • Consumption of a meal containing refined barley flour bread is associated with a lower postprandial blood glucose concentration following a second meal than one containing refined wheat flour bread in healthy Japanese: a randomized control trial

    投稿誌:
    Nutrition (vol. 72)
    発表・発刊年月:
    2019年11月
    投稿者:
    Tsubasa Matsuoka, et al., Chihiro Kurosawa (Hakubaku)
  • フレーバーホイールとGC-Oを用いた香り評価

    投稿誌:
    日本食品科学工学会誌 Vol.66 No.9
    発表・発刊年月:
    2019年09月
    投稿者:
    後藤優佳,三尾建斗,松岡翼,出江萌絵,鮎澤信昌,時友裕紀子(山梨大)
  • 大麦と健康長寿戦略

    投稿誌:
    医と食 Vol.11
    発表・発刊年月:
    2019年02月
    投稿者:
    神宮寺謙二
  • 大麦に含まれる難消化性多糖「β-グルカン」の合成とその生理機能

    投稿誌:
    月刊バイオインダストリー 2019年2月号
    発表・発刊年月:
    2019年02月
    投稿者:
    小林敏樹,後藤優佳

2017年

  • おいしい麦ご飯-褐変・におい低減のおいしい炊き方

    投稿誌:
    食品加工総覧第9巻 追録第14号
    発表・発刊年月:
    2017年10月
    投稿者:
    原貴彦
  • 大麦加工食品の機能性表示への挑戦

    投稿誌:
    食品と開発 Vol.52 No.4
    発表・発刊年月:
    2017年03月
    投稿者:
    小林敏樹,山下奈々

2015年

  • Sorghum Tea Does Not Alter Postprandial Plasa Triglycerides. -A Rondomized, Placebo-controlled, Crossover Clinical Trial-

    投稿誌:
    Jpn Pharmacol Ther. Vol.42
    発表・発刊年月:
    2015年07月
    投稿者:
    Hiroshi Yokomichi, et al Tsubasa Matsuoka, Nobumasa Ayuzawa (Hakubaku)
  • Daily Sorghum Tea Reduces Human Body Fat and Plasma Glucose. -A Clinical Investigation of the Efficiacy and Safety of Long-term Intake-

    投稿誌:
    Jpn Pharmacol Ther. Vol.42
    発表・発刊年月:
    2015年07月
    投稿者:
    Hiroshi Yokomichi, et al Tsubasa Matsuoka, Nobumasa Ayuzawa (Hakubaku)

2014年

  • もち性大麦粉の製パン特性

    投稿誌:
    New Food Industry Vol.57 No.10
    発表・発刊年月:
    2014年10月
    投稿者:
    嶋田幸治
  • 大麦食が過体重日本人男女のメタボリックシンドローム関連指標に及ぼす影響

    投稿誌:
    ルミナコイド研究 Vol.18 No.1
    発表・発刊年月:
    2014年07月
    投稿者:
    松岡翼,内松大輔,小林敏樹,青江誠一郎(大妻女子大)

2013年

  • 大麦粉含有うどんの摂取がⅡ型糖尿病患者の血糖に及ぼす影響

    投稿誌:
    ルミナコイド研究 Vol.17 No.1
    発表・発刊年月:
    2013年08月
    投稿者:
    小林敏樹,金子誠治,松岡翼

2012年

  • 有色素米の安定生産技術の確立

    投稿誌:
    山梨県総合理工学研究機構報告書第7号
    発表・発刊年月:
    2012年
    投稿者:
    石井利幸(山梨県総合農技セ)他,松岡翼

2011年

  • 山梨県における有色素米の有望品種

    投稿誌:
    山梨県総合理工学研究機構報告書第6号
    発表・発刊年月:
    2011年
    投稿者:
    石井利幸(山梨県総合農技セ)他,内松大輔
  • 小麦フスマ含有ビスケットの排便状況に及ぼす影響

    投稿誌:
    山梨学院短期大学研究紀要第31巻
    発表・発刊年月:
    2011年
    投稿者:
    金子誠治,松岡翼,中川裕子(山梨学院短期大学)他

2010年

  • 原料大麦の麦茶適性の簡易識別法の検討

    投稿誌:
    日本作物学会紀事 Vol.79 No.3
    発表・発刊年月:
    2010年07月
    投稿者:
    松岡翼,鮎沢信昌,小林敏樹

2009年

  • ルミナコイドの保健機能と応用―食物繊維を超えて―   第6章 大麦粉(β-グルカン)

    投稿誌:
    ルミナコイドの保健機能と応用―食物繊維を超えて―  (シーエムシー出版)
    発表・発刊年月:
    2009年07月
    投稿者:
    小林敏樹
  • 食品と熟成  第4章 農産食品  4─1 麺類

    投稿誌:
    食品と熟成(光琳)
    発表・発刊年月:
    2009年01月
    投稿者:
    遠藤好司

2008年

  • 地域資源活用 食品加工総覧第9巻 オオムギ  主食用品種の開発~褐変防止と高食物繊維含量

    投稿誌:
    地域資源活用 食品加工総覧(農産漁村文化協会)
    発表・発刊年月:
    2008年
    投稿者:
    遠藤好司
  • 食物繊維素材:β-グルカン

    投稿誌:
    食物繊維学会誌 Vol.12 No.1
    発表・発刊年月:
    2008年06月
    投稿者:
    小林敏樹

2007年

  • 大麦の生理機能と加工大麦としての今後の動向について

    投稿誌:
    米麦改良2007年9号
    発表・発刊年月:
    2007年09月
    投稿者:
    小池肇
  • 麦ごはんの六条大麦はなんたって国産です

    投稿誌:
    現代農業2007年2号
    発表・発刊年月:
    2007年02月
    投稿者:
    小池肇

2004年

  • 健康な若年成人女性の排便習慣に対する大麦ふすま内層画分配合シート型シリアルの影響

    投稿誌:
    日本食物繊維研究会誌(現食物繊維学会誌) Vol.8 No.1
    発表・発刊年月:
    2004年06月
    投稿者:
    中嶋洋子(聖徳大 人文)他,池田彰男他
  • 有用成分を高める国産麦茶の加工及び焙煎技術の開発

    投稿誌:
    食品工業 Vol.47 No.12
    発表・発刊年月:
    2004年06月
    投稿者:
    小池肇

2002年

  • Pearling quality of canadian barley valieties and their potential use as rice extenders.

    投稿誌:
    Journal of Cereal Science. Vol.36
    発表・発刊年月:
    2002年03月
    投稿者:
    M.J.Edney, et al Y.Endo, S.Ozawa (Hakubaku)
  • 大麦糠プロアントシアニジンの機能解析と応用

    投稿誌:
    Food style 21 Vol.6 No.10 (通号 65)
    発表・発刊年月:
    2002年10月
    投稿者:
    玉川浩司

2001年

  • ラットにおける化学誘発大腸癌の発生におよぼす大麦ふすまと小麦ふすまの比較

    投稿誌:
    日本食物繊維研究会誌(現食物繊維学会誌)Vol.5 No.2
    発表・発刊年月:
    2001年12月
    投稿者:
    片山(須川)洋子(大阪市大 生活科学)他,玉川浩司
  • ラットの消化管機能と脂質代謝に及ぼす大麦フスマ画分の影響

    投稿誌:
    日本食物繊維研究会誌(現食物繊維学会誌) Vol.5 No.1
    発表・発刊年月:
    2001年06月
    投稿者:
    清水純(東農大 応用生物科学)他,玉川浩司他
  • 大麦糠のポリフェノール成分の機能性とその利用に関する研究

    投稿誌:
    日本食品保蔵科学会誌 Vol.27 No.2
    発表・発刊年月:
    2001年03月
    投稿者:
    玉川浩司

2000年

  • 麦-高品質化に向けた技術開発 第9章 加工技術 2.大・裸麦

    投稿誌:
    麦-高品質化に向けた技術開発(農林水産技術会議事務局)
    発表・発刊年月:
    2000年03月
    投稿者:
    遠藤好司

※ 2000年以降の主な投稿を掲載しています。
※ 共同研究機関及び共同研究者の敬称は省略させていただきます。