全員で勝利を掴み取る!戦う!

 一昨日の柏戦の勝利。J1残留に向けて実に大きな勝利だったと思う。私が一番強調したいのは勝ち切った、という事の価値。これまでのシーズンで何度となく試合終了間際の失点で大変悔しい思いをしてきた。開幕のガンバ大阪戦、ホーム、アウエイ2度の川崎戦、先日の鳥栖戦。今年はロスタイムで点を失うことはあっても、点を取ることがないなあ、と残念に思っていた。それがこのチームの「勝負弱さ」に繋がらねばよいが・・・と心配して来た。

 しかし一昨日の柏戦は終了間際のドゥドゥのスーパーゴールとその後のピンチを凌いでの勝利は私の心配を払しょくしてくれる勝ち方であった。引き分けと勝利。確かに紙一重だけれどその紙一重が大きい。その差を乗り越えられるチームがJ1に残れるチームなのだろう。この紙一重の差を全員が理解して、強い思いで乗り越えていくチームだけが勝利を得られるのであろう。引き分けではない、勝つ!という強い気持ち。戦う!という強い気持ち。

 そういう意味でこの上位チームからの2連勝はチームに勝つことへの自信、勢いを与えた。残り6試合の残留争いに大きな大きな力となるだろう。今年のヴァンフォーレ甲府は良いチームだとずっと思っていた。しかし勝ち切れない弱さを同時に感じてもいた。さあ、残り6試合。これまで吉田監督の元、毎日必死に積み上げてきた蓄積を大いに解き放つのだ。全員で勝利を掴み取る!その先に6年連続のJ1が見えてくるはずだ。私はそれを心から信じている。

この記事のトラックバックURL:

http://www.hakubaku.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3973

コメント

初めまして、八王子在住のヴァンフォーレサポーターです。両親が甲府、境川の出身で幼少の時から山梨を応援しろと育てられた38歳2児のパパです。
ヴァンフォーレサポーター歴は3年になります。全力で立ち向かう選手に心を打たれてサポーターになりました。この前は優勝したかの喜びでスタッフの方がみんな喜んでいて私も涙してしまいました。
ネット観戦が多いのですが、今年も5回小瀬に行きました。あの緑と自然に溢れたスタジアムがとっても好きでよく行かせていただきます。私が熱狂的に応援するあまり嫁も好きになってしまい、家族4人で応援してます。

子どもたちも今サッカーの練習をしてます。ヴァンフォーレ甲府に入ってゴールを決めまくるのが夢だそうです。
☆ヴァンフォーレ→海外に移籍(多額の移籍金をヴァンフォーレに残す)→ヴァンフォーレに戻って引退との計画らしいです笑

家族4人で応援してます。これからも永遠にJ1に居て山梨、甲府を元気にしていってください。
末筆ながら、御社の益々の発展を心からお祈り申し上げます。


楓ヘムヘムさま 熱いコメントをありがとうございます。こうやって山梨に住んだことのない方が家族で応援してくださることに心から感謝いたします。
私もヴァンフォーレ甲府のひたむきさ、サッカーに真面目に向かう姿が大好きです。いつも残留争いに巻き込まれてしまいますが、そのぎりぎりの局面で力を発揮するのがそういうチームの空気。チーム一丸で戦ってきた実績、歴史、DNAのようなものがあるのだと感じています。
泣いても笑っても残り6試合。我々も全力で応援していきましょう!

コメントを書く

プロフィール

社長写真

株式会社はくばく
代表取締役社長
長澤重俊

1966年ひのえうま生まれ。
東京大学ラグビー部卒。(本当は経済学部)
住友商事を経て1992年はくばく入社。
趣味はゴルフとワインかな?
今年、ヴァンフォーレ甲府が大活躍することを心から期待しています。