心からのエールを。

 残留が決まってから2日が経って、生活している様々な場面でしみじみと思う。「残留出来て本当に良かった・・・。」と。きっと多くのヴァンフォーレ・サポーターが同じ思いだろう。例え勝ち点1点差であろうと、来年もまたJ1で戦える・・・この喜びに勝るものはない。

 返す返すも、実に厳しいシーズンだった。主力選手の移籍、退団、シーズン途中でのエースストライカーの移籍。そして相次ぐ故障。この試練に佐久間監督や選手は一切言い訳をせずに、ただひたすらに練習を重ね、試合で全力を尽くした。その全員のひたむきな努力の積み重ねが最後にもたらしたものが、この勝ち点差1の残留と言う結果だろう。一見この勝ち点差1は小さいようだが、実に大きな勝ち点差1なのだ。

 だからこそ今、改めて選手、監督はもちろんヴァンフォーレ関係者全員に心からのエールを送りたい。"たかが残留"だなんて絶対に言わせない。というのは私の本当の気持ちだ。本当にありがとう。そしてお疲れさまでしたと心から申し上げたい。(明日はファン感謝デーですね!)

 昨年は「俺たちにはまだ目指すべき上がある」と言う広告を出させてもらった。その時はこのままJ1に居続けるだけではダメなんだ、という思いを伝えようを考えた。しかし今は違う。このヴァンフォーレ甲府がJ1に居続けることは実に大変なことはでありもっと賞賛されるべき偉業なのだということ、これをまずは山梨県内の多くの方に知ってもらいたいと思った。

 この山梨と言う人口83万人の地方にJ1で5年連続で戦うサッカーチームが存在することは奇跡であり、それをもっと認識しなければなるまい。そして今はまだ残留争いに汲々とするチームだけれども、いつかはきっと存在感のある本当に地方チームの目標となる輝かしいチームになることを我々は信じて応援しようではないか。そういうチームを応援できる喜びを噛みしめながら。

この記事のトラックバックURL:

http://www.hakubaku.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3965

コメント

今年もスポンサーありがとうございました!はくばく製の商品は本当においしくていつも色々買わせてもらっています(^ ^)こんなにチームを想ってくれるスポンサー様はありません。これからもよろしくお願いします!
ps 神奈川の親戚にはくばく麦茶を送ったところ美味しいとのことで定期的に購入してくれることになりました!自分も甲府サポとしてはくばくを応援していきます!

コメントを書く

プロフィール

社長写真

株式会社はくばく
代表取締役社長
長澤重俊

1966年ひのえうま生まれ。
東京大学ラグビー部卒。(本当は経済学部)
住友商事を経て1992年はくばく入社。
趣味はゴルフとワインかな?
今年、ヴァンフォーレ甲府が大活躍することを心から期待しています。