いよいよ最終戦

 ついに最終戦までもつれこんでしまった残留争い。前節、湘南に気持ちよく勝って残留を決めたかったところだけれど、スーパーFKに阻まれてしまったのは本当に残念だ。しかしこれもサッカー。

 今季のヴァンフォーレ甲府。私は本当に良く頑張っていると思っている。いつものことながら主力選手の移籍、特にクリスティアーノの途中移籍は大激震だった。更に主力メンバーのケガによる離脱。よくぞ、ここまで。と思うくらいの試練が降り注いだ。しかしドゥドゥがいきなりフィットしたことは本当に幸いだった。それがなければ、と思うとぞっとする。

 さて泣いても笑っても最終戦。これで全ては決する。これまでずっと積み上げて来たサッカーをやり切ることで最後は皆で心から笑って終わりたい。そう、勝って自力で残留を決めようではないか。ヴァンフォーレ甲府はプロビンチアの代表としてJ1に居続けねばならないクラブなのだ。仲間を信じて勇気をもって戦おう。結果は自ずとついてくるはずだ。

この記事のトラックバックURL:

http://www.hakubaku.co.jp/mt/mt-tb.cgi/3964

コメントを書く

プロフィール

社長写真

株式会社はくばく
代表取締役社長
長澤重俊

1966年ひのえうま生まれ。
東京大学ラグビー部卒。(本当は経済学部)
住友商事を経て1992年はくばく入社。
趣味はゴルフとワインかな?
今年、ヴァンフォーレ甲府が大活躍することを心から期待しています。